スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
超「ガワ」系プレゼント
野良猫
社員番号[0015]

以前リップさんがもらったガムポットのこと書きましたが、
「中身」じゃなくて「容器」をプレゼントするのって
かなりアリなんじゃないかと最近よく思います。

そもそも「容器」はだいたいの場合「中身」そのものより、
お金をかける優先度が低い。

普段あまりお金かけない部分のモノをプレゼントするのは、
「気が利く」プレゼントになりやすいんだと思うんです。

ちょっと控えめで、あげる相手にもあまり気を使わせず、
でも気が利いていて、もらってうれしいプレゼントに
「容器のプレゼント」というのは、きっとなるんです。

うちの会社では、こういうのを「そとがわのもの」⇒「ガワ系」
言ってます。

今日は印刷屋のおじさんから、いかすガワ系プレゼントの話を聞きました。
現在は印刷屋ではたらくおじさんの大学の同級生で、
太郎(仮)というのがいた。

太郎には長く付き合っている花子(仮)という彼女がいた。

太郎は大学を卒業してから脚本の道を志して大学院に進学、
花子(仮)は大手の出版社に就職。

「近いうちに結婚しよう」と話していた二人ですが、
どうも太郎の方が二の足をふんでいる。

花形編集部で毎日忙しく働く花子に比べて、
太郎のほうはいつ芽がでるともしれない脚本をほそぼそ書く毎日。

要するに花子に引け目を感じていたわけです。

花子の方は、
そんなことまったく気にしてないのに。

そこで、おじさんが太郎にプレゼントしたもの。
それは、エンゲージリングのケースだそうです。

おじさんは太郎
「いますぐ花子にプロポーズしろ!
そのときに、このケースを渡しながら言え。
『いまは金がなくて婚約指環は買えない。
だけど、この指環のケースだけはもらっといてくれ。
中身は脚本家としてデビューしてから買うから』と言え。
花子みたいないい女、ウカウカしてるとすぐに他の男にとられるぞ。
今日言え。貯金はたいて、オマエが知ってる中で、いちばん高いレストラン
で食事しろ。今日やれ。今日きめろ!」

……
その当時は、指環のケースをパカっとあけて「結婚してくれ」ってのが
カッコいいプロポーズの象徴だったんだって。
かなりくさいけど、当時は真剣にそれがやれた。

花子のこと
おじさんも好きだったんですか?って聞いてみたら、
ニコっと笑って「昔の青春は熱かったのよ」とだけ言い、
会社のテラスによく来る野良猫(写真参照)をぐりぐりなでまわしてました。

……かっこいいぜ。



調べてみたら、アクセサリー屋さんとかで、エンゲージリングだけ
くれるところもあるみたいです。
あと売り物として、ケースを売っている店もあって、
シースルーのリングケースで、中身の指環が輝いて見える優れものケースも
あるみたいです。

結婚に迷ってるお友達に、ぜひ。


40位への道は遠い
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
【2007/03/16 10:18】 | ガワ系プレゼント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミステリアス引っ越し祝い | ホーム | マネのできないプレゼント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://presentvox.blog88.fc2.com/tb.php/14-fe3c1385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。