スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
プレゼント失敗談
いかすめがねおやじ。
いかすメガネおやじ。


プレゼントといふものはムズカシイもの。

考え抜いたアイデアと、アイデアを実現させるためのあるゆる努力。

汗ばむ手の中のプレゼントは、最高の演出とともにいままさに

手渡されようとしている。


しかーし!


そうした渾身のプレゼントが一瞬にして、失敗に終わることがある。

失敗の原因はプレゼントする相手の悪意では決してなく、

むしろ、プレゼントに渾身の力を注いだ自分にあるのだ。

知り合いの男(米次郎・仮)が当時つきあっていた彼女の誕生日にプレゼントしたのは、

メガネケースでした。

この研究所でも再三オススメしている「がわ系」プレゼントだ。


米次郎は、彼女に対する溢れ返るほどの愛情を伝えられるプレゼンを、

来る日も来る日も考えた。


よせてはかえし、めくるめく。

なにしろこみ上げては溢れる彼女への愛情を表現すべく、

当初のアイデアかなりリキんだ方向にふれた。

愛情を大きさを金額で表現する高額アクセサリーか。

はたまた100万本のバラか。
 
しかし米次郎と彼女はまだまだ付き合い始めたばかり。

米次郎は、自分の「りきみ」が彼女を怯えさせる可能性があることも

知っていた。

そこで米次郎はアイデアの方向性を大幅にシフト。

普段は表舞台の脚光を浴びることはないけど、

たしかに使うし、もらったら嬉しいだろうという、

とても控えめな方針のもと「メガネケース」を選択したのだ。


米次郎の愛のリビドーは、「究極のメガネケース」探しに向けられる。

いわゆるメガネ屋には実用性重視のダサいものしかない、

という法則を発見するや、米次郎はあらゆる雑貨屋をめぐった。

店にはいるや「メガネケースありますか!」とだけ聞き、

ないと言われれば、ほかの雑貨には一切目をくれず、

次の雑貨屋へと向かう。

そうして見つけた渾身のメガネケース。


雨の日も風の日もワカモノの集うオシャレな街をひとり彷徨い、

雑貨屋の店員には変人扱いされ、やっと見つけた究極のプレゼント。

俺は手に入れた!

かぐや姫に命じられた品を追い求め、

無念のままに死んでいった哀れな男たちよ、聞こえるか。

俺は、俺は手に入れたぞ!

かぐや姫を振り向かせる究極の宝を~。

宝を~。

宝を~。

……


明日また書きます続き。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
【2007/04/11 10:33】 | プレゼント失敗談。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プレゼント失敗談② | ホーム | S系女王様テイストプレゼント。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://presentvox.blog88.fc2.com/tb.php/29-9da7b8a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。