FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ロッキーで悲壮感プレゼント。
ロッキー
Adriaaaaaan!


ロッキーは言いました。

大切なのは、どんなに強く打ちのめされても

こらえて前に進み続けることだ。そうすれば、勝てる。


今日は人からきいたプレゼント話ではなく、わたくしキムラからのご提案です!
映画『ロッキー』を予定調和の娯楽作品と侮るなかれ。

調べてみると、『ロッキー』は映画史に残る秀作らしい。

かつてアメリカ映画は、

夢と希望に満ち溢れたキラキラした世界がすべてだったのに、

ベトナム戦争なんだかんだで「俺たちダメだ…」の

暗いダウナーマインド映画ばっかになっちゃった。



そんなさなかの1976年、

「これでもか」のアメリカンドリームをたたきつける映画『ロッキー』

が公開されたのだ!


当時無名の汁男優シルベスタ=スタローンによって脚本が書かれ、

貧乏しょぼくれスタッフたちによって映像化。

前評判をひっくり返す奇跡の大ヒットで、

アメリカ人に娯楽映画のすばらしさを思い出させて、

あれよあれよで栄えあるオスカーをゲット!

不幸な現状

胸に抱く夢

並外れた努力

訪れる挫折

暖かい励まし

最高の達成感…。

これ以上ない予定調和の筋書きを、笑うんじゃない!


その笑いは、自分の理想をさらすことへの「照れ笑い」だろ。


『ロッキー』は僕らがひそかに、

しかしずーっと憧れ続けたシーンの連続じゃないか。



『ロッキーのテーマ』のCDをプレゼントしようぜ!

ココ一番の大勝負を控えた人に、ロッキーの魂を注入するんだ!


プレゼンの前に、上司にケンカを売る前に、辞表を叩きつける前に。


立ち上がるのだ!悲壮感に満ちた表情で!



周囲の人間は漏れきこえるロッキーのテーマとその表情に、

ただならぬ決意を感じ取ることでしょう。


エイドリアーン、エイドリアーン、おれはやったぞ、エイドリアーン。





謎の急上昇中!
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
【2007/04/19 14:53】 | 熱いプレゼント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<渾身の母の日プレゼント。 | ホーム | タイムマシンをプレゼント。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://presentvox.blog88.fc2.com/tb.php/33-b6325b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。