FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
渾身の母の日プレゼント④
ミル
こしょうをミル(砕く)するマシーン。


母の日。近づいてきました。至近です。

昨夜、我らが㈱ハセガワ内で、社内を二分する「母の日論争」が勃発しました。
論点は…

「母の日のプレゼントは

『キッチン』によるべきか否か」



キッチン。

それは母親そのものを象徴する家族の起点。



母の日のプレゼントは、そんな『キッチン』を意識しつつ、

これからも家族のために料理を作り続けるだろう母親のために、

キッチン生活の充実に資するものをプレゼントするべき。


と主張する「保守・厨房派」と、




キッチンおよび料理に縛り付けられた母親たちから、

その重責を取り払い、解放するべきであり、

母の日のプレゼントからは『キッチン』的な要素は極力排除されるべき。


と主張する「改革・解放軍」

真っ向から対立した格好となりました。



「保守・厨房派」を先頭で引っ張るのは、

熱いプレゼント論争でおなじみのくわばら先輩
くわばら先輩
くわばらです。



たいして「改革・解放軍」は社内随一のバランス感覚と冷静さを誇るりっぷさんを代表に擁立。
りっぷさん
りっぷです。

営業vs総務、前時代的男性社員vs現代的女性社員の

代理戦争の要素も加わり、討論は泥沼化の様相を呈したいのであります。




りっぷさん
いままで何十年もメシを作らせて、さらにメシ炊きを強要するのか。
初老の母に対する強制労働であり、女性蔑視の要素も含んでいる。





くわばら先輩
母親の願いは家族の健康であり、笑顔であり、安定である。その根幹を担うキッチンの充実こそが母親たちの喜びである。キッチン関連グッズはいままでの感謝の念をこめての贈答であり、強制、蔑視とはまったく逆の意識に基づくものである。






りっぷさん
「母親の願いは家族の健康」は希望的言説による母親的役割の強制であり、一種のプロパガンダである。そこに社会的要求は見られるが、個人の尊厳という視点はまったく見当たらない。





くわばら先輩
我々はなにも不自由で無慈悲な調理を強要しているのではない。むしろ、日々の営みとしての調理に楽しみと喜びの風を吹き入れる一助となる贈答を目指すものである。






りっぷさん
「脱・キッチンだ!」






くわばら先輩
「キッチン充実だ!」






りっぷさん
「このマザコン野郎!」






くわばら先輩
「マザコンじゃねーよ」






りっぷさん

「母ちゃんにしまむらでパンツ買ってもらってんじゃねーよ」







くわばら先輩
「・・・ぐぅ」




……
泥沼化する論争を、わたくしキムラをふくめた「中立連合」は、

遠巻きに見学しておりました。


まあ結局は、あなたの母親が料理好きかどうか、ってことですよね。

「一般的な母親」について論じるよりも、自分の母親のこと、よく考えるべし。



今日、きいたネタとしては「ペッパーミル」というグッズです。


黒コショウやら、岩塩なんかをガリガリ砕くアレ(写真参照)です。

両手でぐりぐりやるんじゃなくて、親指で軽く押すだけで簡単にミル完了。

テーブルにおいといてもオサレだし、料理するときも片手で使えてとても便利。


……つーか、これって「保守・厨房派」的なプレゼントですね。

りっぷさんにチョップされる。


続・超上昇中!
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
【2007/05/09 20:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まだ間に合う母の日のプレゼント | ホーム | 渾身の母の日プレゼント③>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://presentvox.blog88.fc2.com/tb.php/37-29b731f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。